FC2ブログ

日々の雑感  ~ときどきカメラ~

Top Page › Archive - 2016年12月
2016-12-30 (Fri)

年の瀬 ・・・

年の瀬 ・・・

今、話題になっている東京築地市場。 その場外市場へ買い物に行きました。江戸っ子兄さんたちの威勢のいいかけ声、歩道を埋め尽くす客、客・・・ 年の瀬を感じます。  お正月用の品々が飛ぶように売れてます。   いつも、はがきを頂くお店があります。 ひとまずそこへ直行です。 人ごみに圧倒されながら、お目当ての物だけを買い、、そそくさ退散しました。余談ですが、築地の甘いだし巻き卵は有名で、多くの店が競うよう...

… 続きを読む

今、話題になっている東京築地市場。 その場外市場へ買い物に行きました。
江戸っ子兄さんたちの威勢のいいかけ声、歩道を埋め尽くす客、客・・・ 年の瀬を感じます。  お正月用の品々が飛ぶように売れてます。   いつも、はがきを頂くお店があります。 ひとまずそこへ直行です。 人ごみに圧倒されながら、お目当ての物だけを買い、、そそくさ退散しました。

余談ですが、築地の甘いだし巻き卵は有名で、多くの店が競うように販売しています。
関西出の私には、この甘いだし巻き卵には最初びっくりしました。 店頭で焼きあげ、切って串に刺して売られてもいます。 その場で手軽に食べられるので以前買ったことがあります。 いやーもうー ほんと美味しい! 甘くてスィーツ感覚です。その串刺しの、だし巻き卵の店は長者の列でした。皆さんちょっと一息なのでしょうね。


SMAPのラストに涙をながし、夕べの清原さんのインタビューにも涙でした。 あのインタビューから聞こえる父母の声、そして子供を思う自身の親心・・ 。潔く質問に応じる彼の今の姿こそが真の姿と受け止めました。
中でも、温厚でおだやかなお父さんに初めて殴られたことや、彼を「もう一度お腹のの中へ戻したい」と言ったお母さん。本当に弱い自分を悔いていました。 

やっぱり応援しよう!  桑田と清原なら清原派でしたからね。



小春日和
011.jpg

  
スポンサーサイト



2016-12-25 (Sun)

イブの日 ・・・

イブの日 ・・・

メリー クリスマス!!昨日イブの日、娘一家を今年は、ばあさんんちへ招待しました。数日前から、もみの木セットが届いていたので孫と飾り付けました。 秋に拾った松ぼっくりやどんぐりも花を添えてもらい、しまっておいた紐類もこんな時に出番です。 小型ツリーながら一応LEDの電球付き。 殺風景な我が家が華やかになりましたよ。毎年娘の手製ケーキです、が、忙しい娘に代わって私が焼きました、ふっくら美味しく台が焼けま...

… 続きを読む


メリー クリスマス!!

昨日イブの日、娘一家を今年は、ばあさんんちへ招待しました。
数日前から、もみの木セットが届いていたので孫と飾り付けました。 秋に拾った松ぼっくりやどんぐりも花を添えてもらい、しまっておいた紐類もこんな時に出番です。 小型ツリーながら一応LEDの電球付き。 殺風景な我が家が華やかになりましたよ。

毎年娘の手製ケーキです、が、忙しい娘に代わって私が焼きました、ふっくら美味しく台が焼けました。 クリームやフルーツの飾り付けは娘にお願いしました。 生クリームの代わりに無糖のヨーグルトを絞ってコーティング。キーウイやイチゴなど若い感性でデコレーションしてくれました。

大きなトレ―にアルミを敷き野菜を敷いて、スモークで焼いた鶏のもも肉をデンと据え、生ハム、アボガド、トマトのサラダ、孫の好きなサツマイモのスープ、ちらしずし・・ パパはワイン、ビール 
パソコンでクリスマスの曲をかけ、サンタの衣装に身を包み始終ご機嫌の孫、クラッカーをならし盛り上がりました。

そして、ばあさんから孫へプレゼント、かるたと、65ピースのパズルです。 早速パズルに挑戦しました。 なかなか思案、ヒントを与えるとなんとかクリアしました。 何回も何回もやっていました。 気に入ってくれてよかったー。
娘たちは補助付きの自転車を贈ります。 孫は何度も何度もサンタさんにお願いしてましたからね。

私にも娘たちからプレゼントを頂きました。靴下のセットとテーブルセンター うれしっ!!

おなかもいっぱいになって午後8時すぎ帰っていきました。
張り切りばあさんの一日が終了 ひとつの行事が無事に終わりました。 

帰りに孫の一言 「明日は、ばあちゃんちでお泊りねっ!」 ですってよ。
「いつでも おいでー!」                                ふぅーーーーーー!!! の胸中なり




ばあちゃんちのクリスマスツリー 
015.jpg
 
2016-12-11 (Sun)

ミッキーに会いに ・・・

ミッキーに会いに ・・・

ディズニーランドの年間パスポートをプレゼントされました。 家から車で30分位、 電車なら一駅、この条件なら無駄にはなりません。 しかし、さりとて、あまり気乗りもしない・・ ばあさんですからね(涙) 「1~2時間遊んで帰ってもいいんやで」なんて言われ・・・なかなか遠くて来れない人がいっぱいいるのに贅沢なことです。以前に3~4回は来ていて、その都度感動はしていましたがね。  まあ年間、何度行けるか分か...

… 続きを読む

ディズニーランドの年間パスポートをプレゼントされました。 
家から車で30分位、 電車なら一駅、この条件なら無駄にはなりません。 しかし、さりとて、あまり気乗りもしない・・ ばあさんですからね(涙) 「1~2時間遊んで帰ってもいいんやで」なんて言われ・・・

なかなか遠くて来れない人がいっぱいいるのに贅沢なことです。
以前に3~4回は来ていて、その都度感動はしていましたがね。  まあ年間、何度行けるか分かりませんが孫と楽しむ決心?をしました。 そして早速行ってきました。

平日、孫と二人で・・
一応、ベビーカー持参。 おむつもとれて歩いたり、走ったりできますが、パパも 「あった方がいいですよ」 って。 園の玄関先まで車で送ってもらい、孫は初デビュー   ミッキー、ミニー、大好きなキャラクターに会えるかな?

相変わらず凄い人、人、人 です。 
まず計画として、地図を見て、園内を大まかに確認し、ファンタジーランドへ向かい、ミッキーのお家に入りミッキーに会う。 です。 そしてパレードを見る。

その日は晴れて暖かい日なのに風が強い。 パレードは強風のため中止とアナウンス。 なぜ強風なら中止になるのか尋ねるとキャラクターたちの乗った車が揺れて危険になるためだそうです。 一番見せてあげたかったのに残念でした。
しかし、ミッキーさんには会いたい。30~40分並んで待ちましたねえ。 ちゃんと待てたところがえらい!
  
いよいよ  ミッキーのお家へ・・ 
ミッキーは両手を広げ孫を歓迎のポーズで迎えてくれました、そしてやさしく抱き込んでくれましたよ。 決めポーズもいっぱい。 孫は少々緊張でした(笑)。 仕草の一つ一つがかわいいミッキー! ありがとうでした。 皆を魅了するミッキー さすがだなあ でした。



ディズニーランドデビュー
109 H


クラリスとおはなしを・・
150 H


ゼベットおじいさんからピノキオ君のことを・・
175.jpg

2016-12-07 (Wed)

一人旅 ・・・

一人旅 ・・・

12月も、もう7日 はやっ!  年齢ごとに倍、倍で一年が早く進んでいくそうな・・・ 一年の過ぎるのも早いけれど、体の老齢化もスピード化? 気になる衰え・・ほんと悲しい現実でございます。鏡がこの世から無くなればなんて思っていても仕方ないので気を持ち直すことにします。娘家族が帰ってきました。 みんな元気で楽しかったようです。 心配していた孫も異国を楽しめたようで、お土産沢山くれました。 成田空港でミッ...

… 続きを読む

12月も、もう7日 はやっ!  年齢ごとに倍、倍で一年が早く進んでいくそうな・・・ 
一年の過ぎるのも早いけれど、体の老齢化もスピード化? 気になる衰え・・ほんと悲しい現実でございます。
鏡がこの世から無くなればなんて思っていても仕方ないので気を持ち直すことにします。

娘家族が帰ってきました。 
みんな元気で楽しかったようです。 心配していた孫も異国を楽しめたようで、お土産沢山くれました。 
成田空港でミッキーのお出迎え(パネル)にも興奮したそうで、笑えましたねえ。

留守にしていた10日余りの間に山中湖に一泊で行きました。 宿は娘がとってくれていました。 あとは東京駅から高速バスがあるから迷うこともないからと。 往復の予約を入れ、一人でもなんとか無事敢行してきました。
出る時はどしゃ降りの雨、あーいつもなら車なのに(グシュン) 重いカメラ他を背負い、手に三脚、おまけに傘さして。 もう!

当日の雨は諦めることができても、次の日雨なら踏んだり蹴ったり・・  雲で見えない富士山になるかなと案じました。
富士山を撮るべき一人旅。 なんといっても朝いちの富士山を見たい撮りたい・・ですからね。ポジションも調べました。 早朝に出る旨を宿の方に了解を得ました。 

現地まで徒歩30分、日の出6時半、日が出る30分前にはスタンバイ完了 この計画でいこう! 
4時半に起床(興奮にて眠られず) すぐ窓から外を見る。 晴れていそう ゴソゴソ身支度。 5時半しゅぱーつ!
東の空が刻々と・・ 暗い景色の中でも雪の富士山は、崇める神々しい姿で鎮座しているのが分かります。 目的地に到着すると、アマチュアカメラマンが結構スタンバイしてます。 

眠る富士山 ⇒ 刻々と赤焼けに染まる富士山 ⇒ 太陽が当たる富士山へ 
雲一つなく、澄み切った空気、波穏やかな山中湖、最高の富士山です。 ほんの数分のドラマでしたが、最高の感動をおぼえました。

娘に感謝しなければいけませんし、昨日の、どしゃ降りにも感謝です。 よい条件が揃いましたね( へへ・・日ごろの行ないが へへ) 写真の結果はどうであれ、どこにでもあるパターンですわ(悲) でも、心に焼きついたあの赤い富士山は忘れることはないでしょう。



夜明けの富士山
赤富士


午後
117.jpg